しののめの里(埼玉県内富士見市下南畑70-1)

しののめの里(埼玉県内富士見市下南畑70-1)

しののめの里(埼玉県内富士見市下南畑70-1)

1.名称 
しののめの故郷(しののめ訳ですという)

 

2.所
埼玉県内富士見市下南畑70-1
武東上線鶴瀬駅からタクシー約10パイ
東武東上線みずほ台駅からタクシー約8パイ

 

3.携帯電話
049-275-3030

 

4.感想
しののめの故郷は、恰好名称を「入間東部広大斎場しののめの故郷」といい、埼玉県内富士見市、ふじみ野市、三芳街路が協力関係で起業し終えた葬祭ところです。
式場の種類は三型式あり、40方収容の第二式場は少人数の世帯葬に合って盛り込まれている。
第三式場は120方が収容できる為、通常の葬儀で言うととりどりの領域です。
きれいなエントランスホールはホテルのウエイティングルームにそっくりの綺麗さ。
告別室はホワイトを性質と決定した圧巻の外見です。
また、「しののめの故郷」は、小生き物の火葬まで顔を見交わしてと意識することが特徴ではないでしょうか。
小生き物遺族を思ったパーキングエリアまで準備されて盛り込まれている。

 

 

 

5.最大の代スタイル(詳細は要検索) 
式場料金120,000円
火葬チャージ10,000円(要因原住民のケースでは)
※火葬チャージは安定している原住民or違うのかにて代分別が離れます。
※葬儀会社を利用したときは、葬祭ところの選択代と呼ぶのは葬儀会社に払う施術費用も別途あります。

 

6.その他
式場は、富士見市、ふじみ野市、三芳街路に原住民ばっかりが取り入れることができます。
火葬ところは、富士見市、ふじみ野市、三芳街路の原住民が残るは町民に重点とし行き来できます。

 





ホーム RSS購読 サイトマップ