葬式に出るときに気をつけたらいいこと

父の葬儀の反省から葬儀社の積み立て会に加入しました

父の葬儀の反省から葬儀社の積み立て会に加入しました

父は病院に入院して1ヵ月後に他界しました。毎日病室に付いていた母の心情を思うと、万が一の場合の葬儀の事など、兄弟で話題にする事もできませんでした。
しかし、結局ある日の早朝に他界しました。それから、慌てて葬儀会館を持っている葬儀社の中で、最も近い所に、費用など事前の比較検討なしに、お願いしました。
自宅で、葬儀社の担当の人と祭壇など様々な事を決め、お寺さんに走り、通夜や葬儀のお願いをバタバタと済ませました。遺体は自宅に一旦戻し、お寺さんに枕教を上げてもらって、葬儀会館に送りだし、通夜に臨みました。
お願いした葬儀社は、全国展開の老舗の葬儀社で、料金を吹っ掛けられたり、不明瞭な事はなく、無事に葬儀を営む事ができ、その点では感謝しています。しかし、それなりに高額な料金を支払いました。
母が高齢になり、介護が必要な状態になって来た時、母に万が一の事があった時、父の時のようにバタバタするのは避けたいと、事前に検討しようと考えていました。
そんな時、近くに新興の全国展開の葬儀社の会館ができ、内覧会に出かけました。新築であった事もあり、その施設の綺麗で、便利な事と、大きな駐車場がある事が気に入りました。
費用も父の葬儀を営んだ葬儀社よりも割安で、私の名義でその葬儀社の積み立て会員に加入しました。もちろん、積み立て費用以外に食事代やお寺さんへのお布施など、費用は掛かりますが、何より万が一の時、バタバタせずに、ここにお願いできる安心を得る事ができました。
積み立て会は、顧客の囲い込みですが、もしもの時にバタバタしないように、これに乗っかるのも良いものだと思います。

 

(大阪府 東大阪市 写真大好き爺さん)

 

大和斎場について

 

 





ホーム RSS購読 サイトマップ