葬式に出るときに気をつけたらいいこと

家族のお葬式で気付いたこと

家族のお葬式で気付いたこと

親族の立場ですが、家族と一部のごく近しい親族のみでひっそりと送り出そうとのことで、小さめの会場を用意しましたが、いつの間にかご近所の方に知れ渡り、たくさんの方が来てくださり、出席してくださった方ではいりきれず、入り口のあたりでウロウロさせてしまう結果になってしまいました。

 

このくらいだろう、と考えるよりも、大きめの会場を予約したほうが良いと思いました。

 

また、葬儀に呼んでほしい人たちも、故人は自分なりに思いがあったようで、亡くなってから、走り書きのような日記のようなメモに、自分の葬儀に出席してほしい人たちのリストが見つかりました。

 

元気なうちから、どんな葬儀にしたいか、どうしても来てほしい人は誰かということを記したエンディングノートのようなものはやはり必要であると痛感しました。

 

また、これは自分たちではどうしようもないことだったのですが、近くの火葬場はどこいっぱいで、遠いところまでマイクロバスでの移動になり、火葬場まで来てくれた親戚には、高齢者が多かったこともあり、負担になったのではと思います。

 

その他、とても基本的なことですが、家族や親族の間での焼香の順番を間違えてしまい、恥をかいてしまいました。

 

(兵庫県西宮市 ポン太さん)

 

四ツ木斎場の連絡先

 

 





ホーム RSS購読 サイトマップ